プロクソンXYテーブルを利用したCNCルーター

スピンドルスタンドの製作


2018年10月4日


写真はプロクソンのドリルスタンドBFB2000です。
Yahooショッピングで14994円で販売されています。
結構高いです。

安く済ませるため卓上ボール盤を改造しようと思いました。
安いボール盤を探しに中古工具屋さんに行ったのですが中古でも約1万円ほどしました。

1万円出すならプロクソンのドリルスタンドがいいです。

手ごろなものが無かったのでボール盤の利用は止めました。
とりあえず木材で作ろうと思って左のような図を描いてみました。

材料は37X88mmのツーバイフォー材です。

剛性が不足するかもしれませんがとりあえずテストにはなると思います。

スピンドルは昔作ったCNCフライス盤の物を再利用する予定です。
木製のスタンドができました。

材料はホームセンター(カインズ)でカットしてもらったので寸法や直角の精度はよいです。
カット代はカインズのクレジット会員で無料です。
手間もかからずありがたいです。

このスタンド、1時間もかからずにできました。
Z軸とXYテーブルを取付けました。
CNCフライス盤らしくなりましたね。

Z軸は以前製作したCNCフライス盤の流用です。

スタンドが木製なので剛性が不足するかもしれませんがPOM等の樹脂の切削なら多分問題ないと思います。
Z軸の動作テスト(動画)

可動範囲は120mmです。

XYテーブルと比較してZ軸は豪華な作りです。
12mmのガイドロッド、長さ70mmのリニアブッシュ、10mmのボールネジ(サポートユニット付き)でできています。
バックラッシュは小さく精度は十分なはずです。

スピンドル回転テスト(動画)

スピンドルモーターはラジコン用のブラシレスモーターです。
スピード調節はラジコン用のサーボテスターです。

スピンドルシャフトの軸受けはアルミブロックを切削したものです。
ミスミにオーダーして手に入れました。
ベアリングはスラストベアリングを用いたいところですが通常の内径20mmのラジアルベアリングです。
上と下の両側に付いています。
ベアリングの抜け止めに上はセットカラー、下はシャフトクランプを使用しています。
セットカラーとシャフトクランプは似たようなものでシャフトクランプの方が大きくて頑丈にできています。
切削時にシャフトが移動しないよう下にシャフトクランプを付けました。

電源はパソコン用の電源の12Vの出力を使っています。
 
 

前のページに戻る

次へ行く

XYテーブルのCNC化トップページへ行く

Topページに戻る